現在のページ

院長からのご挨拶

箱根病院ではいのち輝く、癒しの空間を提供していきます。

いのちが輝き、心癒される空間を提供したい。

箱根病院は、長い歴史を経て神経筋・難病医療を専門とする病院になりした。私たちの担当する疾患・分野は、進行性筋ジストロフィーや筋疾患、筋萎縮性側索硬化症・脊髄小脳変性症・パーキンソン病・ハンチントン舞踏病などの神経変性疾患、遺伝性ニューロパチーなどが中心です。これらの疾患は、いまだ根治療法が確立している訳ではなく、患者さんは長い病との戦いを強いられます。そして、戦いはやがて疾患を持って人生を生きる事に変化していきます。

私たちは、「思いやりの心で医療に貢献する」という理念のもと、患者さんの「疾患と共生する人生を支援する」ことを目標にしています。それぞれの患者さんは、たとえ人生の一時期であってもかなり長い時間を箱根病院と関わります。その患者さんの命が輝き、心癒される空間・医療・サービスをなんとか提供したい。それが、私たち箱根病院の全職員の願いでもあり、我々が努力して達成しようとする大きな課題でもあります。

患者さんのことを第一に考えてサービスを提供しています。

箱根病院には、障害者自立支援法に基づく医療型療養介護病棟と一般病床としての障害者病棟があります。療養介護病棟は医療と福祉を融合したサービスを提供します。ここには主に筋ジストロフィーの患者さんが入院していますが、神経難病の患者さんも増えてきました。この病棟では看護師に加えて介護資格を持った療養介助員が生活支援を行います。障害者病棟では神経難病への継続的診療だけでなく、短期入所事業やレスパイト入院を通して在宅療養もサポートします。病院への入退院、医療相談は地域医療連携室がワンストップ・サービスを実施し利用しやすい体制を整えました。

入院療養生活の質を左右するのは主に看護です。そこで、当院では看護師を大切に、難病看護教育の充実を常に意識しています。すでに、多くの日本難病看護学会認定難病看護師が働き、看護の質の向上に努力しています。リハビリテーションも、当院に入院される患者さんにとって大切です。多くの患者さんが快適にリハビリテーションに取り組めることを優先し、特に神経筋・難病で課題となる呼吸リハビリテーションに積極的に取り組んでいます。

外来では、診療各科と放射線・検査・栄養などの各部門が、神経疾患に多く出現する摂食・嚥下障害、排尿障害に対応して、「飲み込み外来」「頻尿外来」「神経因性膀胱外来」などを開設しています。加えて、平成26年から、これらの多職種が力を合わせて診療上の問題を解決するサポート・チームを構成し、提供する医療の質の向上を図っています。呼吸サポート・チーム、摂食・嚥下・栄養サポート・チーム、コミュニケーション・サポート・チーム、難病の緩和ケア・サポート・チーム等です。

これからの箱根病院

平成26年4月に待ちに待った新病棟が完成しました。箱根病院のコンセプトである「いのち輝く、癒しの病院」を実現する大きな器です。
広々とした病室の窓から陽の光を浴びつつ、西湘の海、石垣山一夜城址、箱根ターンパイク、箱根連山を一望し、のんびりした箱根登山鉄道の軌道音も心地よく響きます。働く職員にとって清潔・快適であるだけでなくWi-Fi Spotも整った働きやすい病棟です。

さらに、平成27年初頭から3T-MRI、16列ヘリカルCTの運用を開始します。すでに国内有数のレベルにある神経筋電気診断、神経筋病理診断に最先端の画像診断を加えて、神経筋・難病医療を包括的にリードする体制が整う予定です。これから、発症早期の診断、病態評価、予後予測、治療、良質の看護、介護と生活支援、医療相談を含めた在宅療養支援と心癒される長期療養までの総てを提供出来る箱根病院 神経筋・難病医療センターとなって参ります。引き続き、御注目ください。

院長 小森哲夫